テレアポのコスト削減


企業のためのテレアポ活用

テレアポで使う固定電話のコスト削減のやり方

テレアポのコスト削減 テレアポは誰にとっても馴染み深い電話という仕組みを使って販促活動などを行っている事業のやり方ですが、一般的な電話との差異として発信しかしないという点があります。
つまり、コスト削減を意識した場合は発信に関していかにコスト削減が実現できるのかを検討していく必要があります。
そこで目を向けるのは、テレアポは統計上60%が30秒以内で通話終了しているという事実です。
一般的に通信キャリアというのは、3分間毎に料金体系が定められているので、たった30秒しか通話していないのにも関わらず3分間お話した時と同じ料金が請求されることにあります。
こうした点を考えた際、テレアポの事業者向けにプランを提供している通信業者を探して契約し直すというやり方がコスト削減に効果的であると言えます。
実は、近年インターネット回線などでこの手の事業者が増加しているので、合わせてキャリアも増えているという実情があります。
そのため、1秒単位で通話料金が積算されていく方式が採用されており、契約業者を変更するだけで著しくコスト削減に繋がったという声が多いです。
契約先を変更するだけなので、工事などが入ることもないため負担にならないやり方であると言えるでしょう。

テレアポで固定電話を使用する時の手順

テレアポの手順 画期的でニーズが高いであろうサービスを提供していても、待機しているだけでは集客を見込むことは難しいので積極的に周知活動を行っていく必要があります。
古くからビラ配りなど様々な方法がある中、やはりインターネットが普及した現代においても主流なのがテレアポです。
一方的に既成の情報を与えるだけではなく、相手の様子を確認しつつ臨機応変に対応できるので、契約に至る可能性が大きく高まります。
そういった点からテレアポに注力したお陰で事業が良好になったように見えるものの、蓋を開けると通話料が大きく嵩んでおり全く利益にならないという事例は珍しくありません。
せっかく契約数を伸ばすことができたのに収益を高められないのは勿体無いので、コスト削減を実践してみることが求められます。
そこでまず行うべき手順は、キャリア毎の料金に関する情報を集めてそれぞれを見比べていくという事です。
あまり大きな差異が無いように思い込まれる事がありますが、固定電話から携帯電話には無料になっている企業があるなど各々で特色が異なります。
つまり、業務に最適なプランを掲げている業者と契約し直せば大幅なコスト削減に繋げられることになるのです。
手順についても難しくなく、インターネットから契約変更が申し込める場合もあります。


Copyright 2017 企業のためのテレアポ活用 All Rights Reserved.